旅行なら奈良でしょ

Featured

奈良は約2万5千年前の旧石器時代から始まり、日本最古の都として日本の発祥地であるという説がある。これがヤマト王権と呼ばれる。このヤマト王権成立以来8世紀末までこの地域に天皇の宮があり都が置かれたと言われている。そして、710年には平城京遷都が行われ奈良時代が始まった。平城京が置かれていた奈良時代は奈良がシルクロードの終着点であったため、国際的な天平文化が発展し都では数々の貴重な文化財が創り出され国宝建造物数は日本最多である。文学としても古事記や日本書紀、万葉集など国内最古の史書や歌集がある。平安京への遷都以後も南都と称され日本の宗教や文化の歴史において大きな影響を与えている。このように歴史的な文化財が多数う存在する地域である、奈良は観光名所としても有名であり、特に修学旅行として利用されることが多い。その修学旅行に最適なコースをあえて紹介するならば、奈良公園エリアとならまちエリア、また西ノ京エリアに分けることができる。奈良公園エリアは、古都奈良の美しい景観の中を散策するには最適であり、ならまちエリアは、伝統的な奈良の姿に直接ふれることがでる。最後の西ノ京エリアは、天平の面影を強く残すため歴史を深く感じる観光コースとなっている。(H.o)

レーザー白内障手術

自分が白内障の治療を受けるとしたら、最新の眼科医療であるレーザー白内障手術がいいと思っています。治療する場所が瞳という小さく繊細な部分であるということ、万が一のことがあったら…と考えると機械の技術がどれだけ精密であるかということが重要だと思います。レーザー白内障手術 – 大宮七里眼科

私自身は医療とは関係のない仕事ですが、機械を扱う仕事をしていて何年かごとに最新の機械が取り入れられるとその技術の進歩のスピードに驚かされるものがあります。そのため白内障手術だけに限らないのですが、医療の現場で使われる手術用の機械も昔だったら考えられないほど患者に負担が少ないものになっていると思います。

ところで、最近のニュースの中に日本の高齢者は友人付き合いが少ないという記事がありました。これは、米国やドイツなどの外国と比較しての調査のようです。病気になった時に頼れる知人が少ないことや、老後の備えが足りないと感じていることなどが他国に比べて最も高い結果だったようです。
頼れる人も備えも少ない…となると、健康だけが頼りですね。これからますます健康の意識が高まることでしょう。

Continue Reading →

白内障は眼科で検査を

高齢者にとって白内障は決して珍しくない病気だそうです。白内障は手術が必要ですが、そのタイミングは人それぞれだそうです。定期的に眼科で検査をしてみることが大切ですね。
http://www.cataract-iol.jp/
見えにくい状態のまま放っておくと、普段の生活から知らず知らずのうちに受けるストレスも大きいようです。最近、知り合いに白内障の手術を受けた人がいますが、かすんでよく見えなかった視界がクリアになってよかったと話していました。今は長生きされる方が多いので、できるだけ目の健康も気遣って楽しい人生にしないとですね。

12月ですが奈良ではまだ紅葉が楽しめます。紅葉というと京都への旅行者が多いと思いますが、奈良の紅葉も素敵ですよ。それほど混んでなくゆったりと散歩を楽しめます。こうした景色も健康な目があってこそ楽しめるのですね。

Continue Reading →